ドイツクリスマスマーケット3泊4日での回り方!

今回は3泊4日で3都市を回りましたが、
とにかくクリスマスマーケットが目当てだったので
少しハードスケジュールな気もしましたが、
十分な時間だったかなと思います。

今回旅した都市はニュルンベルグ、シュトゥットガルト、フランクフルトです。
なぜこの3都市を選んだのか?
・他の都市に比べて、電車での移動が短時間でしやすい

・クリスマスマーケットが有名

・伝統的で大きなクリスマスマーケット

・フランクフルトは大きな空港があるため、帰りの飛行機の時間が柔軟に決められる

というところが主な決め手です。

正直ドイツのクリスマスマーケットにいければそれで十分と思っていたのですが、

やっぱり人間欲が出るものですね。

3都市行ってみたら想像以上に都市によって雰囲気や売っているものも

全然違ったので、来年以降また行く機会があれば、

全都市制覇したいな〜なんて思ってしまいました。

今回の旅は早朝に出てしっかり、3泊4日楽しんで、夜帰るという予定だったのですが、

何と私、今回人生で初めての大失態を犯してしまいました。

何と人生初、寝坊して、飛行機に乗り遅れました。爆笑

体調不良も重なり、前日に寝られず、気づいたら飛行機の出発する時間に起きるという

自分でも信じられない事態が起こり、もう笑うしかなかったです。

結果すぐに飛行機を取り直して夕方にはドイツに到着でき、

無事3都市のクリスマスマーケットを楽しめたのでよかったですが。

最初はライアンエアーで片道9.99£という格安のチケットを取っていたのですが、

最終的にエールフランスで180£(しかも乗り継ぎ便)で行きました。笑

今となっては、私の武勇伝です!

スカイスキャナーですぐに、一番早く着く時間、しかも一番安い金額で検索できました。

これは本当に感謝、この時代に生まれてよかったと思いました。

さて、本題に戻って、クリスマスマーケットですが、

どこが一番よかったかと聞かれたら、ニュルンベルグかシュトゥットガルトと答えます。

もちろんフランクフルトもよかったのですが、

伝統がすごく感じられるのはニュルンベルグかシュトゥットガルトかなと

私は感じました。

 

それぞれの都市特徴をまとめてみます〜!

 

ニュルンベルグ

•おもちゃ箱の中にいるみたい

こういうオーナメントとか。

こういうミニチュアのフィギュアとかたくさん。

•伝統のお菓子がたくさん売ってる

レープクーヘンというやわらかいクッキーみたいな伝統のお菓子は他のところよりもお店の数がたくさん!

•激うま!細いソーセージのフランクフルト!

ニュルンベルクでしか食べれないらしい

ケチャップ、マスタード、マヨネーズとかお好みでどうぞのやつです。

 

 

長くなりそうなので次回は、

シュトゥットガルト

フランクフルト

について書きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です